2016年06月19日

野菜炒めのせ塩ラーメン

サッポロ一番のインスタントラーメンといえばみそラーメンか塩ラーメンを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

僕はどちらかというとみそラーメンが一番に浮かんでいましたし、好きでした。

しかし今回のレシピを知ってからは塩ラーメンが一番好きになりました。

インスタントの塩ラーメンに野菜炒めをのせるだけというとてもシンプルなレシピでしたが、凄く美味しく、思いつきそうでなかなか思いつかない料理で目からうろこでした。

味はタンメンを思い浮かべるとわかりやすいと思います。

サッポロ一番 塩らーめん 5食×6個 -
サッポロ一番 塩らーめん 5食×6個 -

このレシピは花のズボラめしという漫画のレシピなのだそうです。

名前だけは知っていたので、そのうち読んでみたいと思いました。




〈材料〉1人分
サッポロ一番塩ラーメン   1袋
もやし           半袋
キャベツ          1、2枚
ピーマン          1個
塩こしょう         適量
ウェイパー         5g(小さじ1杯)

もやしはざるにあけて水で洗い、キャベツ、ピーマンは一口大に切ります。

カット野菜.JPG

袋に書かれている通りラーメンを作ります。

袋にはスープとごまの袋が入っていると思いますが、ごまだけはラーメンに入れないでとっておきます。

ラーメンをゆでている間に野菜を炒めます。

フライパンに油をひいて野菜を軽く炒めたら、ウェイパーを入れて味をみながら塩こしょうで味を整えます。

野菜炒め単品で食べても美味しいと感じる塩加減にすると良いと思います。

僕は塩こしょうはこちらを使っています。

塩こしょう.JPG

余談ですが、単純に塩とこしょうをまぜてもこの塩こしょうの味にはならないんですよね。

できた塩ラーメンのうえに野菜炒めをのせて、とっておいたごまの袋をあけてごまをふりかけて完成です。

塩ラーメン野菜炒め.JPG

ウェイパーを野菜炒めに入れるのは僕のアレンジですので、なければ入れなくても大丈夫です。

豪勢にしたければ豚バラ肉やにんじんなどを加えると良いそうです。

僕は加えた事はないです。

野菜だけですし、みためも地味なので作った最初は本当に美味しいのか疑っていたのですが、本当に美味しかったです。

野菜をたっぷりとれるので、週に2、3回は食べているお気に入りのレシピです。

posted by 哲 at 15:54| 東京 🌁| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

ノギ屋の弁当風鳥飯

昨年、結構はまって読んだ本が『精霊の守り人』をはじめとする守り人シリーズです。

この本の中では結構たくさんの料理の描写が書かれています。

魅力的でおいしいそうなものが多いのですが、その料理を再現したレシピを掲載した本『バルサの食卓』があるのを知って購入しました。

レシピ本ではありますが守り人シリーズの作者である上橋菜穂子先生のコメントが料理ごとについていて、これがなかなか面白かったです。

守り人シリーズの中で特に食べてみたいと思った料理がノギ屋の鳥飯、タンダの山菜鍋のふたつでした。

本のなかでものべられていますが、読者に人気が特にあるのがうえにあげた料理なのだそうです。

考える事は結構みんな同じだったんですね(笑)

ふたつとも作ってみましたがとても美味しかったです。

ただ、タンダの山菜鍋のほうはコストパフォーマンスがあまり良くありません。

スペアリブを使ううえに材料も大量に必要なので高くつきます。

今回おすすめするのはノギ屋の鳥飯のほうです。


レシピを読んだ感じだと鳥の照焼きをご飯にのせただけという印象でした。

鳥の照焼きはホットサンドをハマってつくっていた時に何度も作りましたが、蜂蜜を使いとても甘い仕上がりのものでした。

バルサの食卓のレシピの照焼きはリンゴを使うもので、そこまで甘過ぎず、これが自分にはとても美味しい鳥の照焼きでびっくりでした。

〈ここからは作り方〉

【ノギ屋の弁当風鳥飯〜バルサの食卓より〜】
バルサの食卓より.jpg


鳥のもも肉1枚に対して、調味料は醤油、お酒、みりんで割合が25g:50g:25g、リンゴが1/8個皮ごとすりおろします。

すりおろしたリンゴ、お酒、醤油をまぜてタレをつくります。

鶏肉は油をひかずフライパンで皮から入れて弱火で焦げ目がつくまで焼きます。(出てくる油はキッチンペーパーでふき取ります。)

焦げ目がついたらひっくり返して8分まで焼いたらタレをからめながら焼いて、みりんを入れて照りをだします。

山椒の実をくだいたものをのせて、鶏肉を食べやすい大きさにきってご飯にのせてタレをかける、までが本の中のレシピとなります。

自分は山椒の実がなかったので中国山椒の花椒を少しふりかけました。

鶏肉1枚で二人まえなのですが、鶏肉が好きなうえにとても美味しいので1枚をご飯にのっけました。

ノギ屋の弁当風鳥飯.jpg

鶏肉が好きな人にはかなりおすすめな料理です。

posted by 哲 at 13:59| 東京 ☁| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

ネギだれの焼き飯

料理の記事が3連続となりました。

先日炒飯の事を書きましたが、正統派で美味しい炒飯は無理かなと思いはじめた時に変わり種のものを作ってみようといろいろ試した時がありました。

その中で特に美味しかったものをご紹介致します。

元のレシピは記憶が定かではないのですが、Yahooのトップページに出ていたと記憶しています。

炒飯と呼ぶよりは焼き飯と呼ぶほうがしっくりきたのでネギだれの焼き飯と呼ばせて頂いてます。


ネギだれの焼き飯


ネギだれの焼き飯.jpg


〈材料〉1人分
ご飯           1膳
ネギ           1/2~1本(小さめのネギなら1本)
ひき肉(豚かあいびき)  50~70g
白ごま          10g(中さじ)
お酒(紹興酒)      10g
醤油           10g
塩こしょう        適量
ごま油          10~15g


〈レシピ〉
@ネギは薄めの輪切りにして、醤油、お酒、ごまを混ぜてネギだれを作る。

Aフライパンにごま油をひき、ひき肉を炒めて塩こしょうをふる。

Bひき肉の色が変わったらネギだれを加えて水分がなくなるまで炒める。

Cご飯をフライパンに入れて炒めて、完成です。



元のレシピで作るとものすごいまろやかな味に仕上がりました。

僕にはパンチが足りなかったので、味にパンチがでるようちょっとずつ手を加えていきました。

この料理、とにかく匂いが良くて焼肉店のような香ばしい匂いにすごく食欲をそそられます。

簡単、安い、美味しいと3拍子そろった料理だと思いますので、もしよかったら試してみてはいかがでしょうか。

とりあえず次は料理以外の事を書こうと思います。

posted by 哲 at 11:41| 東京 🌁| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする