2018年04月25日

レコーディング(日野):4月22日

この日は実践女子大学WINGさんの曲のレコーディングに行きました。

場所は日野にある大学の一室をお借りして行いました。


今までは江戸川区からだと都営新宿線で新宿まで出て、新宿から中央線に乗っていくというルートでした。

春日部駅からだと伊勢崎線で新越谷駅まで出て、南越谷で武蔵野線に乗って西国分寺で中央線に乗り換えというルートでした。

武蔵野線のこの区間は初めて乗ったのでなかなか新鮮でした。


この日は夏日で気温が30度近くまで上がりました。

暑いのは好きで得意なのですが、急に気温が上がった事と機材を持ち歩いていた事もあり日野駅から大学に着くまでにはしっかりへばってしまいました💦

レコーディング開始の時点でもう眠くなっていました。


今回WINGさんは新入生がたくさん入ってくれて、チームの人数がなんと70人に増えたそうです。

本当に良かったです!

自分の事のように嬉しかったです。


この日は体育館での練習日だったので顔を出す事になりました。

フルメンバーではなかったらしいのですが、それでもかなり多かったです。

昨年も人数が増えてご挨拶の際に驚かされたのですが、今年はさらに輪をかけて多くてちょっとひるむぐらいでした(笑)


レコーディングは11時頃から開始でした。

今回の歌はメインの人を2人に絞って、そのバックに少しの人数を重ねる方針にしました。

掛け声は10人ぐらいをグループ分けして録っていきました。

掛け声は相変わらず激しさや力強さを重視ではなく可愛らしさ優先でほのぼのしました。

これは本当に独特で個性があっていいなと思います。

試したい事はとにかく録音してみるという姿勢でレコーディングを進めていきました。

レコーディングは15時半頃に終わりました。


レコーディングに参加してくださった皆様には感謝致します。

曲のほうは全体的にも気に入っていますが、特に前半が好きなのでどんな演舞にしてくるのか楽しみにしております。

人数が多くなった事もあり、どんな仕上がりになるのか余計に楽しみです。


帰りは武蔵野線に乗り換えてから運良くすぐに座れました。

でも逆にそれが良くなかったです。

結構疲れていた事もあり熟睡でした。

本来は南越谷で乗り換えるはずが、西船橋まで行ってしまいました💦

聞き覚えのある駅名のアナウンスで目が覚めたのですが、久々にやってしまいました。

自分が慣れない電車で、寝てはいけないというある意味いい教訓になりました。

posted by 哲 at 13:41| 東京 ☔| Comment(0) | レコーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

レコーディング(小美玉):3月25日

この日は茨城県小美玉市にレコーディングに行きました。

華の乱さんの曲を製作させて頂きその曲への歌入れと掛け声入れでした。


引越をしてから初めてのレコーディングとなりました。

最寄りの駅が常磐線の羽鳥駅という所で、春日部駅からはまずは野田線で柏駅まで出て、そこで常磐線に乗り換えてあとは一直線という経由で目的地に向かいました。

春日部から柏までの野田線のルートが初めてだったので、ワクワクして乗ったものの思いのほか景色は期待していたものではありませんでした。

いい景色になったのは常磐線に乗り換えてからでした。


レコーディングは10時半頃から開始でした。

公民館の和室を借りて頂きました。

木々に囲まれていてのどかな雰囲気がとても良いです。

TS3V0333.jpg

初めに歌を録って、合間に掛け声、ラストに再び歌という並びで録っていきました。

本当にたくさんの方がレコーディングに参加してくださいました。

ありがとうございました!


僕からのリクエストで掛け声は一人一人でお願いさせて頂きました。

前回のレコーディングで掛け声を一人一人録らせて頂いた所、仕上がりがまったく違って驚かされました。

編集こそ大変ですが、編集のしやすも一人一人だとまるで違います。

全部で17人の方が掛け声のレコーディングに参加してくださいました。

小中学生の方達も参加してくれましたが、大人ですら物怖じしてしまうものなのに積極的に参加してくれたのには驚かされました。

当初は子供たちの掛け声は入れないと言っていたのですが、自分たちからやりたいと言ってくれたのは本当に嬉しかったです。

それでいてかなり迫力のある掛け声を出してくれたので二重に驚かされました。


歌い手さんのほうは生で歌っている姿を動画で見させて頂いて素晴らしかったので、安心してレコーディングにのぞめました。

力量はさすがでしたし、自分だったらすぐにオッケーを出してしまうような所のほうが多かったです。

ですがチームの方達のほうがはるかにこの曲にはどう歌ったら良いかをしっかり分かっていて、リクエストをかけて頂いたのでとても良い仕上がりの歌になったと思います。

相変わらずアットホームな雰囲気と笑いの絶えない感じのレコーディングになったので、とても楽しかったです。

歌い手さんがレコーディングしている風景の写真を頂きましたので貼らせて頂きました。

華の乱レコーディング.jpg

僕の後ろにはチームの皆さんがたくさんいて歌を聞きながら善し悪しを判断してくれています。

レコーディングは17時頃に終わりました。

春日部に帰るのと実家の宇都宮に帰るのがほとんど時間的に変わらなかったので、実家に帰りました。

後は編集を残すのみとなりました。

posted by 哲 at 21:09| 東京 ☀| Comment(0) | レコーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

春日部市街の紹介

引越から2週間がたちました。

やっと新しい環境にも慣れ始めたといったところです。

1週間がまるで1ヶ月のように感じられるぐらい時間の流れが遅く感じました。

今回の環境になって買い物がすべて近場でできる事がいかに便利で楽かという事を日々実感しております。

とりあえずはどういう所で買い物をしたら何が安く手に入るといった事もちょっとずつですが、把握しはじめてきました。


春日部市街は駅を中心に西口の中心街、東口の中心街、春日部駅の両サイドに幹線道路の4号、16号があります。

西口の中心街を抜けると郊外の街並へと移っていきます。

商業施設が集中してるのが、駅周りの中心街と幹線道路ふたつ、郊外の中を通っているユリノキ通りの4カ所です。


春日部市街は駅が東西を分断していて行き来がとてもめんどくさいです。

駅近くの踏切は埼玉県内でもトップの開かずの踏切のようです。

僕も何度も利用しましたが、すんなり通れた事がまだ1度もないどころか最低5分、最長で10分待ちました💧

通勤時間帯には1時間あたり57分間も踏切がおりているそうです💦

この事もあり、至る所に駅を高架化への文字が書いてあります。

早く高架が実現して欲しいものです。



自分が住んでいる所が市役所の近所で、西口の中心街と郊外の境目になります。

市役所からみるとこの4カ所にだいたい楽にアクセスができるようになっています。

やっぱり市役所って良い所に立っていますよね(笑)



一番自宅から近いのが西口の中心街です。

春日部駅西口中心街.jpg

ヨーカドーや小規模なショッピングモールがあるのでたいがいのものはそろいます。

ただ、こういう所に入っているスーパーは若干値段が高めです。



スーパーや薬局などは郊外のユリノキ通りにあるものをメインにしています。

ユリノキ通り.jpg

通りの名前の由来になっているのは百合の木ではなくユリノキという植物の名前なのだそうです。

おそらく通りの両サイドに植えられているのがそうだと思います。

このユリノキ通りには評判の良い猫カフェがあります。

仕事が一段落したら行きたいと思っています。

猫カフェが近場にある事を知った時は本当に大喜びでした😃

今までは電車に乗って秋葉原まで行って、そこからさらにそこそこ歩いた所が一番の近場でしたので大躍進です。


東口の中心街は西口とはずいぶんおもむきが違います。

春日部駅東口中心街.jpg

昔は粕壁宿という宿場町だったそうで、そのなごりを残す古い建物がちょこちょこ目に入ります。

街並もそれに合わせてとても落ち着いた雰囲気です。

これに関連してなのかは分かりませんが、和菓子屋さんの数がとても多い気がします。

和菓子は大好きなのでちょっとずつお店を開拓していきたいです。

宿場町の面影.jpg

実は最初に春日部を気に入ったのも東口の落ち着いた街並を見たからでした。



4号や16号にはイオンモールや大型家電量販店、ファミレスなどを中心とした飲食店やいろいろなお店があります。

車が大前提なので駐車場も広く作られていたり、店の間隔も余裕があり典型的な大きな幹線道路の雰囲気だと思います。

幹線道路ふたつのほうは徒歩だと少し厳しいので自転車で行きますが、そこまで利用頻度は高くありません。


まだ生活に直結するお店以外は行っていないですが余裕ができてきたら、いろいろなお店を見て回りたいです。

posted by 哲 at 22:20| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする